やりがいのあるホームヘルパーを副業にしよう

高齢化が進み生活に不自由する人も多くなっています。
そういった人の役に立つのがホームヘルパーですが、その人数は足りているとは言えない状況なのです。
ホームヘルパーを本業として行っている人もいますが、休日だけならば出来るという人は副業として行う事も出来ます。

資格の取得から始めることになる

ホームヘルパーは誰でも出来るわけではなく、資格を持っていなければなりません。
既に持っている人はすぐにでも始めることが出来ますが、無い場合には講習などを受けて資格の取得から始めることになります。
こういった講習は必要性の高さから自治体が補助を行っている場合もあり、実費だけで受けられる場合もあるのです。

ホームヘルパーの資格を取得すれば、あとは仕事を探すことになります。
その際に便利なのが自治体にある福祉人材センターなのです。
こういった場所で相談することにより、自分の働きやすい条件で事業所や仕事を探すことが出来ます。

休日だけでも需要は多い

人材が足りていない事もあり、平日も働ければすぐに仕事は見つかるでしょう。
ですが副業として考えている場合は、土日だけの方がいいという希望もあるかもしれません。
そういった場合も需要は多いので、安定して仕事を見つけることは出来るのです。

ホームヘルパーは直接人の役に立つ仕事ですから、社会貢献も出来てやりがいもある仕事内容になっているのです。
始めるためにはホームヘルパーの資格が必要になるものの、国や自治体の補助を使うと安く取得することも出来ます。
報酬額に関しては時給では千円以上になることが多く、二千円以上になる場合もあるのです。

社会の役に立てる副業

ホームヘルパーの需要はこれからもどんどんと増えていきますが、人材に関しては足りない状況が続いています。
ですから仕事は自分の都合のいい条件でも見つけやすく、副業としても便利な状況になっています。
やりがいだけではなく時給も高めの設定になっているので、これから資格を取得する場合も元は取れる仕事なのです。

あわせて読みたい副業関連記事